マーケティングオートメーションの基礎知識

マーケティングオートメーションとは、企業などに導入されている収益を目的とした営業マーケティングの自動化システムのことです。顧客一人ひとりとの関係を構築するためのシステムでもあり、業務の効率化や可視化にも繋がります。マーケティングオートメーションにはいくつかの種類があり、ソフトウェア型やクラウド型があります。ソフトウェアタイプのものはサーバーにシステムをインストールして、情報を管理します。一方クラウド型は特定のサイトなどにアクセスすることで情報を閲覧することができ、自社のサーバーなどは必要ありません。

注目され始めた背景とは

マーケティングオートメーションが広がりを見せたのは、インターネットの普及がきっかけです。ネットの技術が向上したことで、より密に顧客とコミュニケーションを取る必要か出てきたからです。昔はインターネットはあまり普及しておらず、営業をするにしても自ら情報を集める必要がりました。顧客が何を望んでいるのか、どんな年代をターゲットに商品開発をすれば良いのかなど調査に時間を掛けていたのです。ですがネットの普及によって誰でも手軽に情報を集められるよつになり、商品やサービスに対する問い合わせも気軽に出来るようになりました。顧客側が選択することが出来るようになったため、各商品やサービスを事前に宣伝して選ぶときの選択肢に入れて貰う必要が出てきたのです。あらかじめどのような商品があるのかアピールし、ニーズが高まった時点で商品やサービスを利用して貰えるようにコミュニケーションを取ることが大切になりました。そこで、小まめに顧客とコミュニケーションを取れるマーケティングオートメーションの需要が高まったのです。

マーケティングオートメーションとは、顧客情報を収集しまとめたり、その情報をもとに顧客に対しての営業のやり方の分析などを効率よくするためのデジタルツールです。